マクドナルド

  30, 2017 11:04
昔『成功はゴミ箱の中に』という本を読んだのですが、それが映画化されたので見に行きました。
この映画、アメリカでは『ファウンダー』というタイトルで大ヒットしたのですが、世界中で知らない人はいないのではなかろうかという「マクドナルド」の創業者の話です。
ogp[1]
マクドナルドはマクドナルド兄弟が興した地元で人気のバーガーショップを、レイ・クロックというセールスマンがその合理化された調理システムに目を付けフランチャイズ化したのが始まりでした。
しかし資本主義のからくりを見るかの如く、地元密着型のマクドナルド兄弟に対し、レイ・クロックは不動産業に目を付け、全米にマクドナルドを展開していきます。
ファウンダーは“創業者”という意味ですが真の創業者はレイなのか?マクドナルド兄弟なのか?という展開になっていきます。
アメリカの象徴であり、経済界で注目され続けてきたマクドナルドは如何にしてグローバル企業になりえたのか、がよく分かる映画です。
レイとマクドナルド兄弟どちらにシンパシーを感じるでしょうか?とても面白かったですよ!
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

What's New